JP

JP

Powered By X-Rite

display-plus

物足りなさを感じたときに。

カラーマネジメントのワークフローがさらに進化。

 

さらに詳しく

誰もが自分のディスプレイをキャリブレーションする必要があります。

未知の出発点から始めると、他の人が何を見るのか見当もつきません。

自分のディスプレイがキャリブレーションされていることを知ることが、常に最初のステップであるべきです。

Don Komarechka

私たちは撮影や加工に膨大な時間とお金を費やしています。

しかし、最終的に私たちが見るのは、印刷物やスライドショー、あるいはウェブ上の成果物です。

私が時間とお金をかけて処理したものが、印刷物でもウェブ上でも同じように見えることを保証することが重要であり、これを保証する唯一の方法がカラーマネージメントです。

Seth Resnick

カラーマネージメント・ワークフローは、あらゆるデジタル写真ワークフローの基礎となるものです。

色にこだわるのであればハイエンドのAdobe RGBモニターと一流の測色器が、どのカメラとレンズを使って画像を撮影するかと同じくらい、それ以上に重要だと言えます。

Michael Clark

私にとっての写真の大きな楽しみの1つは、編集作業です。何ができるのか、喜びと興奮でいっぱいです。

最高の画像からスタートし、それがデスクトップとラップトップで同じように表示されることを確認することが重要です。

私が行ったクリエイティブな決定が正確に表現されているかどうかを推測する時間もエネルギーもないのです。

Alan Shapiro

サービス & サポート

よくある質問、技術的な解決策、製品およびソフトウェアのサポートは、カスタマーサポートサイトでご覧ください。私たちがお手伝いします。

サポートへ

ラーニング センター

カラーマネジメントを初めて学ぶ方にも、リフレッシュしたい方にも、新しいスキルを身につけたい方にも、教育用のビデオや記事をご紹介しています。
学び、刺激を受けてください。

さらに詳しく

コミュニティ

© Seth Resnick

© Michael Clark

© Matt Hill

© Alan Shapiro

© Nevada Wier

© Martin Dörsch

© Antonio Gaudencio