JP

JP

© Thomas Adorff 2022

Why You Need to Calibrate

カラーマネジメントとは?

写真やビデオの分野では、画面上で見たものと同じプリントを得ること、さらにはカメラで撮影したものと同じ画像を得ることは困難なことがあります。カラーマネジメントの主な目標は、カラーデバイス間で良好なマッチングを実現することです。例えば、モニターと最終プリントで色が正確に同じように見える必要があります。

なぜカラーマネジメントデバイスが必要なのですか?

簡単に言えば、写真やビデオのショットで色が正しく、ワークフローで色の一貫性があることを確認してください。

Calibriteカラーマネジメントソリューションは、カラーワークフローを制御し、全体のカラー精度を向上させるのに役立つように設計されています。

キャプチャ – エディット – プリント

作品の色を正しく表現するには、どうしたらよいでしょうか?

© Thomas Adorff 2022

キャプチャ – カラーマネジメントは最初のショットから始まる

Calibrite ColorChecker チャートシリーズは、あらゆる状況に対応するツールを提供します。屋内でも屋外でも、撮影と照明の準備ができたら、ColorCheckerチャートをフレームに入れて最初の撮影を行います。

その後、一連の撮影を編集する際に、無料のColorChecker Camera Calibration Softwareを使って、最初の撮影のカラープロファイルをColorCheckerチャートで作成します。これにより、シリーズのすべての画像に正しいカラー設定を同期させることができます(ただし、まったく同じ条件と照明で撮影された画像に限ります)。ソフトウェアは、ColorCheckerチャートのカラーパッチを使用して、編集ソフトウェアで使用できるニュートラルで正確なカラープロファイルを計算します。

シーンや被写体の大きさに応じて、あらゆる撮影状況に対応したカラーチャートが用意されています。Calibriteは、マクロ撮影から航空写真まで支援するために、様々なサイズの11種類のColorCheckerチャートを提供しています。

ColorCheckerを使用する利点は何ですか?

ColorCheckerチャートを使用した場合の比較をご覧ください。
左側は色補正なし、右側はColorCheckerチャートで色補正したものです。これにより、編集の時間を大幅に短縮し、作品を楽しむことに集中することができます。

© Thomas Adorff 2022

グレーバランスカード

グレーバランスカードは、ビデオ制作、映画、写真撮影において、画像の露出や色を一定にするために特別に設計されたものです。ニュートラルグレーカラーカードの均一な表面はスペクトル的にニュートラル(赤、青、緑を等量反射)であり、各新規フォトセッションの開始時に正確なニュートラルバランスを提供します。Calibriteは、特にビデオ撮影者のために、異なるグレーの割合と3ステップのグレーカードと同様に、異なるサイズのグレーカードを提供しています。Calibriteはまた、特定のホワイトバランスカードを提供しています。

Capture Solutions

モニターでのカラーマネジメントはどのように機能しますか?

© Thomas Adorff 2022

エディット – モニターはカラーワークフローの心臓部

モニターが正しくキャリブレーションされていないと、撮影時に見たものと色が一致せず、プリントもモニターと完全に一致しないため、見たものを信用することはできません。作業場の照明条件、周辺にある明るい色(壁の色、机の色など)、モニターの視野角も、画面上の色の知覚に影響を与えることをご存知ですか?つまり、モニターが正しくセットアップされているかどうかが重要なのです。

Edit Solutions

キャリブレーション デバイスとはどのようなものですか?

安定した画面の色を実現するために、Calibrite ColorCheckerキャリブレーション デバイスなどの測色器は、モニターのディスプレイ設定に保存されるカラープロファイルを生成します。これにより、ショットが正しく表示されるようになり、ショットを正確に編集して、印刷時に予期しない事態を回避できるようになります。 Calibriteモニターのキャリブレーションソリューションには、技術的に高度なフィルターと光学システム、高速の測定速度、高い色精度が備わっています。 これはあなたが見るものが、あなたが得るものであるという確信をあなたに与えます!

 

ヒント:すべてのモニターは、正確なカラープロファイルを作成するために、環境光、画面の明るさ、コントラストを測定するための定期的なキャリブレーションが必要です。モニターのパラメータは、スイッチのオン/オフ、ウォームアップ/クールダウンにより時間とともに変化し、ラップトップは持ち運ぶだけで元の色を失います。

そのため、4~6週間ごとに再キャリブレーションを行うことが重要です。

印刷で正しい色を出すにはどうしたら良いですか?

© Thomas Adorff 2022

プリント – デジタルファイルから紙へ

写真家は、プリンター用のカスタムカラープロファイルを作成することもできるため、貴重な時間を節約し、不要なテストプリントによる無駄な資材使用を避けることができます。Calibrite ColorChecker Studioは分光光度計であり、プリンタドライバに保存されるカスタムプリントカラープロファイルを作成します。それはあなたの出力が常に色正確であることを保障する理性的な反復のプロファイリングの技術を使用しま、精密な滑らかさ、ハイライトおよび影の細部を提供します。印刷する前に、プリンタードライバーに保存されている正しいプロファイルを選択することを忘れないでください。カスタム印刷プロファイルは、異なる用紙タイプ(光沢またはマットなど)や、異なる用紙重量に対してより高い精度を得るために作成する必要があります。

Print Solutions

キャリブレーションされたカラーワークフローは、カメラ、スキャナー、モニター、プリンター出力間の色再現の不一致を回避します。

どの製品が自分に適しているのかわかりませんか?

参考になる比較表は下記をクリックしてください。

キャリブレーター                                  チャート