JP

JP

ColorChecker Studio

SKU: CCSTUDIO

撮影から出力まで、プロ仕様の一気通貫型キャリブレーションツール

プロフェッショナルなキャプチャからプリントキャリブレーション

  • カラーチェッカー スタジオ
  • X-Rite i1Studio(EOSTUDIO)の後継機。
  • 使いやすいソフトウェアインターフェースを備えたオールインワンソリューション。
  • 画面と印刷の色を一致させたいすべてのユーザーに最適です。
  • プリンターのプロファイリングでは、コールドトーン、ハイキー、モノクロのプロファイルを再現して、さまざまな「表情」を作り出すことができます。
  • MacとWindowsの両方のOSに対応。
  • どのキャリブレーターがご自身に適しているかわかりませんか?便利な比較表はこちら。

共有する

特長


最先端のハードウェアとソフトウェアを組み合わせることで、写真家や映像制作者が求める卓越した色精度を実現します。

ColorChecker Studioに含まれるもの:

ColorChecker Studio デバイス:
特許取得済みのColorChecker Studio(カラーチェッカー スタジオ)はオールインワン分光光度計であり、これひとつでモニター、プロジェクター、スキャナー、モバイルデバイス、プリンターのプロファイルを作成可能です。
コンパクトで専用保護ケースで持ち運ぶことができるため、高度なキャリブレーションとプロファイルを組み込んだワークフローを自宅、スタジオ、ロケ先問わず行うことができます。
ccStudioソフトウェアは、モニター(ビデオプリセットを含む)、プロジェクター、スキャナー、プリンターをキャリブレーションしてプロファイルを作成するために、簡単に操作可能なインターフェースを搭載しています。

ColorCheckerカメラキャリブレーションソフトウェアとカメラ用Mini ColorChecker Classic Target: 
同梱の業界標準の24パッチターゲットを使用して、カスタムカメラプロファイル(単一またはデュアルイルミナント)の作成、カスタムホワイトバランスの設定、またあらゆる光条件でもニュートラルな状態で撮影を開始できるため、編集作業を効率性をあげることが可能です。ソフトウェアには、デスクトップアプリケーションとAdobe® Lightroom®プラグインが含まれています。

モニターのキャリブレーションとプロファイル作成:モニターとプリンターの色を一致させる時間とコストを削減し、画像を思いのままに、しかもクリエイティブに制御。ColorChecker Studioの高度技術により、モニターとプリンターの色を完全に一致。

インテリジェント反復プロファイリング:プロファイルを作成する度に、高精度の色表示を各モニターで実現するために最適化した結果を生成する技術です。

環境光測定:プリントを見る場所の照明条件を測定し、プリントとモニターの色差が出ないよう最適なモニター輝度を自動的に決定します。

映像規格:NTSC、PAL SECAM、Rec.709、Rec.2020、DCI-P3に対応。

拡張コントロール:ホワイトポイント、ルミナンス、コントラスト比、ガンマ値をカスタムコントロール可能。また、他のディスプレイや光源を測定してターゲットとして使用することも可能。
マルチモニタープロファイリング: モニターのカラーマッチングは最大4台まで。すべてのワークフローで色を正確に再現。

プロファイルの最適化:最適な結果を得るための独自のパッチセットを作成

プロファイルの検証とリマインダー:3Dプロファイルガモットビューアを使用して、モニターの再プロファイル化のリマインダーを設定したり、内臓された画像または撮影者の画像でビフォーアフター比較を行い プロファイルの検証が可能。

© Alan Shapiro

技術仕様

動作環境(Mac) MacOS X 10.14x以上(最新のアップグレードがインストールされていること)。
動作環境(Windows) Microsoft Windows 8.1® 32または64ビット Microsoft Windows 10® 32または64ビット すべてのOSに最新のService Packがインストールされていること。
プロセッサの要件(Mac) Intel® Core 2 Duo CPU またはそれ以上
プロセッサの要件(Windows) Intel® Core 2 Duo / AMD Athlon™ XP またはそれ以上
メモリ 512MB RAM
ディスクの空き容量 500MBの利用可能なディスク容量
ディスプレイ解像度 1024×768ピクセル以上のモニター解像度
ビデオカード デュアルディスプレイに対応するには、2枚のビデオカード、またはデュアルビデオLUTの読み込みに対応したデュアルヘッドビデオカードが必要です。ビデオカードの最新ドライバーと最新のビデオカード用ドライバーがインストールされていること。
接続性 USBに電源が入っている。ネットワークアダプターがインストールされ、ドライバーがロードされていること。
セキュリティ アプリケーションのインストール、アンインストールを行うには、ユーザに管理者権限が必要です。
インターネット接続環境 ソフトウェアのインストール、ダウンロード、およびソフトウェアの自動アップデートには、高速インターネット接続が必要です。
対応言語 日本語、中国語(簡体字)、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語
製品登録 保証期間中にcalibriteの技術サポートを受けるためには、製品登録が必要です。登録は、www.calibrite.com/register から直接行ってください。ご購入後30日以内に製品登録を行ってください。
Warranty 購入日から12ヶ月(日本国内正規品のみ)

カラーマネジメントは、私のクリエイティブなプロセスにおいて非常に重要です。

人々があなたの芸術をどのように受け止めるか、憶測を排除し、本当に重要なことに集中することです。

Don Komarechka

正確な色を再現し、モニターで見たままのプリントを作るには、キャリブレーションとプロファイリングが行われたハイエンドで正確なモニターが不可欠です。

Michael Clark

私たちは撮影や加工に膨大な時間とお金を費やしています。

しかし、最終的に私たちが見るのは、印刷物やスライドショー、あるいはウェブ上の成果物です。

私が時間とお金をかけて処理したものが、印刷物でもウェブ上でも同じように見えることを保証することが重要であり、これを保証する唯一の方法がカラーマネージメントです。

Seth Resnick

カラーマネジメント・ワークフローへの情熱を共有するために、Calibriteと協力できることをとても嬉しく思っています。

X-Riteのテクノロジーと、写真、ビデオ、コンテンツのコミュニティをサポートするCalibriteのコミットメント、そして卓越したカスタマーサービスを組み合わせることで、これはカラーマネジメントの天国のような組み合わせになります。

Alan Shapiro

さらに充実した機能


プロジェクターのキャリブレーションとプロファイル
プロジェクターのプロファイルをわずか数分で作成することで、モニターと同じ精度でプロジェクター投影が可能になります。投影する色、スクリーンの色、部屋の照明などの部屋条件がすべて考慮されるため、意図したとおりの映像が投影できます。

スキャナーのキャリブレーションとプロファイル
ターゲットをスキャンしてクロップするだけで高品質なICCプロファイルが生成されます。対応ターゲット:ColorChecker Classic(StandardおよびMiniサイズ)、ColorChecker Digital SG、Reflective IT 8.7/2、Transmissive 4×5 and 35mm IT8.7/1

RGBおよびCMYKプリンターのプロファイル
スマート推論プロファイリング技術により出力を正確に再現され、なめらかでプロレベルのハイライトとシャドーを実現。

ColorChecker Studioの超高速スキャンは、テストチャートを1分以内に測定。50パッチのテストチャートを1枚スキャンするだけで色に対するプリンターの動作を学習し、50パッチの2枚目のチャートを動的に生成します。 2枚目のチャートを印刷してスキャンするとプロファイルが完成します。
テストターゲットを TIFF ファイルとして保存すれば、あとで印刷したりリモートプリンタで使用可能。また、さまざまな用紙サイズにも対応。
特定の色、肌の色、またはキャプチャしたスポットカラー用にプリンタープロファイルを最適化する機能を搭載。画像から抽出した色やColorChecker Studioデバイスでキャプチャしたスポットカラーに基づいて、3つ目のテストターゲットを作成。プロファイルを読み込み、テストターゲットを生成し、測定して保存、とても簡単です。

モノクロのプロファイル
カラープリントと同様にスマート推論プロファイリング技術を搭載したモノクロモジュールは、最高品質のモノクロプリントを実現するために設計。卓越した滑らかさ、ハイライトとシャドーのディテールを追求します。
50パッチのテストチャートを1枚スキャンするだけで色に対するプリンターの動作を学習し、ニュートラルを定義する2枚目のチャート(100パッチ)を動的に生成します。2枚目のチャートを印刷してスキャンすれば、モノクロのプロファイルが完成します。
画像をモノクロ変換して印刷の準備ができたら、カスタム白黒プロファイルを適用するだけです。
ハイコントラストニュートラル、プラチナ、セピアなど、特定のモノクロ表現に合わせたプロファイルを作成することもできます。モノクロ印刷がお好きな方には、驚きの連続でしょう。

Calibrite ColorChecker Studioは、色精度が管理されたワークフローを圧倒的な精度と一貫性あるレベルに引き上げることで、より多くの時間を本来のクリエイティブな作業に費やすことができます。

© Alan Shapiro

サービス & サポート

よくある質問、技術的な解決策、製品およびソフトウェアのサポートは、カスタマーサポートサイトでご覧ください。私たちがお手伝いします。

サポートへ

ラーニング センター

カラーマネジメントを初めて学ぶ方にも、リフレッシュしたい方にも、新しいスキルを身につけたい方にも、教育用のビデオや記事をご紹介しています。
学び、刺激を受けてください。

さらに詳しく